時計が動かない時の対処法|IWCなどの高級腕時計を購入すると様々なメリットが得られます

IWCの腕時計が動かなくなっても故障ではない可能性がある

時計GUIDE.com

時計が動かない時の対処法

腕時計をはめた手

故障かも?そんなときの対処法とは

久し振りにIWCの腕時計をつけようとした時に、動かないなんてことがあると気持ちが沈んでしまいます。動かないと多くの人が故障を疑うのではないでしょうか。しかし、場合によっては操作する方法が違うだけで壊れていなかったなんてこともあるのです。ですから、不具合に対処する方法を身につけておきましょう。

時計が止まる

時計の不具合として多いのが止まってしまうことです。この際に、原因の一つに挙げられるのが駆動力が足りないことが考えられます。また、駆動力が足りなくなるのはゼンマイの巻き上げが不十分ということが言えるでしょう。その為、時計が止まった際にはゼンマイを巻き上げるようにして下さい。

時間が合わない

時計の時間が合わなくなった際に考えられるのは磁気帯びです。時計は金属製品となるので磁力による影響を受けやすくなります。ですから、磁力のあるものから離して置くようにして下さい。また、軽度の磁気帯びであれば簡単に修理をしてくれます。

広告募集中